一口馬主ライフ

POG指名馬

2017/05/25

 

こんちゃーっす、もれれですう。

 

仲間内でPOGやられてる方、多いと思います。僕も、今年はネッツ競馬のPOGに加え、仲間内で特殊ルールありPOGに参加することに。

もうすでにドラフトを終えて指名馬10頭が揃ったのでブログネタが少ない週半ばの繋ぎとして笑、まとめてみようと思います。

 

まず、特殊ルール(縛り)について

①ディープインパクト産駒を指名する場合、1クラブ1頭&1種牡馬1頭まで

②牝馬は最低4頭指名すること

③岡田スタッド生産馬を最低1頭指名すること

④10頭選択終了後、1頭のみ変更可能

⑤参加メンバー数は9名で指名順は1,2,3…8,9→9,8…..2,1のように折りかえり順での指名とする。

とゆう中々面白い縛りを設けてのドラフトとしました。

 

 

ディープインパクト産駒の指名はオープンなPOGにおいてはなくてはならない種牡馬です。その種牡馬に手を出すのであれば、クラブの重複禁止、さらに各種牡馬1頭までしか指名できないという中々ハードな縛りとなります。

戦略としてあえてディープインパクト産駒を指名せず、それ以外の上位の種牡馬の産駒を社台系クラブで固めるという選択肢もあるわけです。これが中々頭を使うわけです。

 

このディープを指名すると縛りがきつくなるので、ディープを指名しないメンバーが数名出ることを想定すると、ディープの指名馬自体が9頭以下となるので、評判のいいディープ産駒についてはある程度指名しやすくなります。

逆にディープを指名しないメンバーからすると、ディープ以外でクラシックの活躍馬を探すとなると、ハーツクライ、種付け頭数が増えたキングカメハメハ、ダイワメジャーなどが重複して売れてしまう可能性がありました。

と、ゆうことはある程度指名は後ろに回してでも、複数指名されるであろう、ハーツクライ、キングカメハメハなどの産駒を取りに行く必要があります。

 

また、縛りの中で岡田スタッド生産馬を必ず1頭入れるというルールも中々シビアです。岡田スタッド生産馬の中で前評判の高いのはザスリーサーティや例のオルフェーヴル産駒などいますが、確実に9頭準備されているかというと、そこは微妙です。

この枠自体がある程度ポイント差がつきやすい所ですので、なるべく早い段階で指名できるのであればする、というのも作戦の一つになってくるかと考えました。

 

 

1巡目

僕の指名は9名中7番目の指名。僕のところに回ってきた時点でまだディープ産駒の指名はなし。やはり皆考えていることは同じでした。

ただ、岡田スタッド生産馬の指名もちらほら確認でき、情報量が多くポイント差がつきやすいであろうところから埋まって行ったのはこの縛りだからこそでしょう。非常に面白いPOGドラフトとして開幕しました。

僕の番に回ってきたところで狙っているザスリーサーティ(ディバインコードの下)はまだ出ていません。

 

この時点で、ザスリーサーティ or フラットレー(ノーザンのマラソン大会の景品)の2択だなーと考えてました。

で、結果フラットレーを指名。確実に重賞勝利が計算できる馬だと思ってましたので指名しました。

 

この時点で、ディープを指名する場合はキャロットの馬、ハーツクライ産駒はもう指名できないことになります。ディープ指名をするならば、いろんな種牡馬を指名しないといけない中、トゥザフロンティア(ロードカナロア産駒)という貴重な馬を指名できなくなりましたが、一番欲しかったノーザンホースパーくマラソン枠を取れたので良しとします。

1巡目:フラットレー(ハーツクライ 牡馬 キャロット)

 

2巡目

僕の後ろ順番で早速ザスリーサーティが消滅しました。

なんてこったい。この時点で岡田スタッド生産の馬のうち、評判馬のタニノローゼ・ツーデイズノーチスの2頭がなくなってしまいました。作戦ミスだったかな。

こうなれば、岡田スタッド生産馬枠でのポイントは半分諦め、とにかく各種牡馬の上位馬(ダービーを狙える馬)をまず埋めていき、最後に岡田スタッドで余っている馬で勝ち上がりそうな馬を指名するという作戦に変更。

 

2巡目はキングカメハメハ産駒で行くことに。

この時点ですでにリッシュブール(ラストグルーヴ)は売れてしまってます。1クラブ1頭までのルール上、個人馬主の馬を積極的に指名して行くことも後々の選択肢を狭めない方法でもありますので、キンカメ産駒は個人馬主の所有馬の中でも評判の高いアドマイヤキング(アドマイヤテンバ)を指名。

これもエアグルーヴ牝系にキングカメハメハですのでドゥラメンテやルーラーシップに近いコンセプトの血統背景。クラシックを狙うキンカメ産駒の王道の馬を指名できました。

ここまですこぶる順調。

2巡目:アドマイヤキング(キングカメハメハ 牡馬)

 

3巡目

次に狙うのは個人馬主で先に取っておかないとなくなってしまいそうな種牡馬の馬。(指名リストにある頭数が少ない種牡馬)です。

目をつけたのはアジアエクスプレスの全弟のレピアーウィット(ヘニーヒューズ)

ヘニーヒューズの1番馬だと思われる馬で金子オーナー(個人馬主)の馬ということでクラブ枠を潰さずに指名できるということでチョイス。

 

も、指名が入り断念。他にもあとで指名しようと思っていたサンデーRのオルフェ産駒がことごとく指名され、かなりピンチ。

 

こうなってくると、ディープ狙いの他のメンツに非クラブ馬かつ各種牡馬の1番馬を揃えられてしまう前に、先にこちらが揃えてしまおうという意識が働きます。

そこで3巡目はサラフィナの15(ヴィクトワールピサ)を指名。

須田鷹雄オススメの馬で、個人馬主、ヴィクトワールピサという枠で指名できるということで3巡目で指名。

 

この辺は根拠が明確にあるというよりは、とにかくディープを選ぶ前提で指名できる選択肢が多いうちに取りたい馬を取ってしまいたいという意識だけでした。

 

3巡目:サラフィナの15(ヴィクトワールピサ 牝馬)

 

4巡目・5順目

この辺から、あまり目をつけていなかった馬を皆が指名し始め、ある程度狙い通りに指名ができるようになってきました。特に、ディープを指名しない戦法でいくメンバーも現れ、キャロットの馬が多く指名され、そこはすでに指名してしまったクラブでしたので、候補リストから馬が減ることなく指名を進めることができました。

4巡目:セドゥラマジー(ダイワメジャー 牝馬 シルク)

5順目:ラントカルテ(オルフェーヴル 牡馬 G1)

 

サトノ馬は基本ディープインパクト産駒ですので、指名はサトノディープかサンデーディープを選択する方向で考え、クラブではその他の種牡馬で埋めて行くことに。この辺である程度ディープ狙いのメンバーとそうでないメンバーが見えてきたので、それならばと先にクラブ馬を埋めても行けそうというのもあったので、埋めました。

 

6巡目

さて、ある程度ディープ縛りに対応できる布陣が揃ってきたので6巡目でディープ産駒を指名。

ここは王道のサンデーRのディープでしょう!ということでグレートウォリーアーを指名。ダービー狙いではありますが、どちらかというとスピード寄りな気もするので皐月狙いでもいいかな。ダービーはフラットレーとラントカルテに任せるのもアリかと思ってます。

 

6巡目:グレートウォリアー(ディープインパクト 牡馬 サンデーR)

 

7巡目以降

この辺から指名できる種牡馬が少なくなってきたこと、牝馬をあと2頭指名しないと行けないこと、岡田スタッドの馬をまだ指名していないなど考えながら、残りのリスト馬と相談。

個人的にはスタートダッシュも決めたい思いもあったのでタガノプレトリア(ヨハネスブルグ)の指名で1枠使いたいなと思ってたので、それで1枠。

あと牡馬で1枠、牝馬で2枠となりました。牡馬はまだ金子オーナーのマンカフェ産駒を指名したかったので、岡田スタッド枠は牝馬で埋めることに。

もう1頭の牝馬枠はGold Vaultの15(牝馬)でダート路線を歩ませるのか、それともフランケル産駒(牝馬)に行くのか迷いつつ、結局ソウルスターリング・ミスエルテの残像が思い浮かび、モトカ(フランケル産駒)にすることに。

7順目:ダブルフラット(マンハッタンカフェ 牡馬)

8順目:タガノプレトリア(ヨハネスブルグ 牡馬)

9順目:サウスティーダの15(アイルハヴアナザー 牝馬 岡田スタッド)

10順目:モトカ(フランケル 牝馬)

 

サウスティーダの15はライジングリーズン枠ですねw

芝でもやってくれるという計算の元入れました、どこまでやってくれるか楽しみです。

 

 

と、まああれこれ考えながら指名馬を選ぶのはとっても楽しかったです。

正直、最後の方は狙ってた馬が半分くらいなくなりましたが、これもドラフトの楽しさですね。

 

この中から来年のダービー、オークス馬の誕生はあるのでしょうか。今から楽しみです。

 

 

イイね!!の代わりのポチをくれ!!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
ポチってくれると嬉しいんやで

広告



広告



CATEGORIES & TAGS

一口馬主ライフ,

Author:


  1. 先生 より:

    楽しみだね。でもギガバッケンがいなかったねw

    • hitokuchimorere より:

      牝馬じゃなければギガバッケンを僕が、と言うオチでもよかったんですが、まだ狙ってそうな人がいたのでw

コメントを残す

関連記事

ブログ統計情報

  • 137,437 アクセス
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

検索


投票よろしくお願いします🎵

新着ブログ

もれれTwitter