旅ブログ/競馬場観戦

旅ブログ③ ~3時間~

2017/01/27

いよいよラストです

前回、ロデオマシーンに乗ってわーわーゆーてました。

 

次に向かったのはRoRとゆう、競走馬としての役目を終えた馬を競技用に調教したり乗馬用に訓練したりする施設。
Retraining of Racehorsesの略でRoRです。
ヨーロッパは動物愛護に関しては日本よりはるかに進んでいて、引退後も活躍の場が多く用意されています。馬が盛んな国ですもんね。日本の競走馬は引退して乗馬に転用される馬はわずか、繁殖にも上がれないと行方不明とゆう名の悲しい運命を辿ってしまうのと比べたら恵まれていると思う。
こんな感じで馬房がいくつかあって実際に馬もいました。

馬房の前をうろうろしてたらおじさんが近づいてきて、馬さわってみるかい?とわざわざ馬房から馬をひいてきてくれました。

めっちゃくちゃ可愛かったです。おじさんに頭をスリスリしながら甘える様子がすごく印象深かったです。

嫁氏 ”Really he likes you.”

ーホントこの馬はあなたのことが好きみたいだね

おじさん “Because I’m feeding.”

ーハハっ、私が餌をあげてるからだよ、ハハ

こんなやり取りがありつつ、どこから来たの?ジョッキーなの?と間違えられる。

いや、ただの日本人ですw

触らせてもらった馬は父ガリレオ、母父スピニングワールドという血統の馬。未勝利で引退した後、乗馬用の馬としてトレーニングしているところみたいでした。


IMG_1971

帰りに買った雑誌にそのおじさんが載ってました。

ここのマネージャーさんだったみたいです。偉い人には全然見えなかったけど笑。

さて、そして最後にようやく博物館に向かいます。

博物館、すごかったです。

2016年の11月にリニューアルされたばかりで建物も展示もとっても綺麗でした。

競馬に関連する様々なものが展示されており、さすが博物館王国イギリスです。

競走馬が早く走れる仕組みから、馬の心臓の仕組みについて


DSC_0916

ステイヤーとスプリンターの心臓の違いとか。

馬の骨格の展示コーナーではハイペリオンの骨格がそのまま展示されてました(必見)。

競走馬を科学として扱うコーナーもあれば


DSC_0914

すごく昔の血統書が展示してあったり。

あとは王室の競馬の歴史であったり、イギリスの有名なジョッキーの展示コーナーだったり。

世界の競馬コーナーではパート1国として日本の競馬も少しだけ紹介されてました。

まぁ、写真は撮っても良かったんだと思いますが、見るのが楽しくて写真撮るの忘れておりましたw

いろんな切り口で展示があって、とにかく競馬が好きな人(≠馬券が好きな人)からすると何時間でもいれると思います。

実際、最後の物販コーナーを合わせると3時間くらいいたと思いますw

物販ではお土産やクリスマスグッズ(シーズン的に)が置いてあります。

欧州の血統シェアみたいなのが載ったポスターにはディープインパクト、ハットトリックの名前がありした。

50%以上ノーザンダンサー系でしたが。

が、そんなマニアックなお土産コーナーの中でオススメは絵、です。


Gilbert - Frankel L

こんな感じの絵画が1万円前後で売ってあります。

いろんな種類があって部屋にあったらオサレだなーと思い悩んでましたが、結局安全に持って帰れる自信がなかったので諦めました。

多分、牧場見学を同じ日に合わせてするなら10時開館と同時に行って14時少し前くらいまで楽しんだあと、急いでナショナルスタッドに移動するというスケジュールになると思います。

なのでこの絵画トラップに引っかからなければ十分余裕を持って行動できると思いますよ笑。

とゆうわけで博物館に行くまでが長かった割に、博物館内は写真をほぼ撮ってないのでさっくり終わってしまいました。

また、機会があれば自己満旅ブログやりたいと思います。
●番外編
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バスツアーで訪れたウィンザー城の帰り道、ここ、王室所有の公園、庭みたいなもんね。ここで狩をしてたのよ。そうそう、競馬好きをこじらせた女王が自分の馬を走らせるために競馬場を作ったの。
これから見えてくるわ、そう、アスコット競馬場よっ
てな感じで突然バスの横にアスコット競馬場が現れる。
ロイヤルアスコットが開かれる会場ですね。
いつか行ってみたいなぁ。
 
 
 
 
 

イイね!!の代わりのポチをくれ!!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
ポチってくれると嬉しいんやで

広告



広告



CATEGORIES & TAGS

旅ブログ/競馬場観戦,

Author:


  1. ぴぃさん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    何もかもがすごいですねー。 んー。 未出走引退のルナシンフォニーに出資していましたので、 競走馬のいく末はいろいろ調べました。 悲しいですが、ほとんど、お肉のようです。。。

  2. picot より:

    SECRET: 0
    PASS:
    素敵な旅行ですね。 競馬好きにはたまらい。付き合ってくれた奥さんは素晴らしいですよ。 うちの妻は付き合ってくれないだろうな…(悲)

  3. まささん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。 いい旅行ですね(^-^) ロイヤルアスコットですか。憧れますね。競走馬能力レベルとしての日本の競馬はヨーロッパにもう追いついているとは思っていますが、歴史・文化としての競馬では、まだまだかなり差があるとも思っていますので。イギリス・フランスの競馬は、やはり憧れますね。藤澤先生が、ロイヤルアスコットを勝ちたいと以前テレビで仰っていましたが、その気持ちは少し分かるような気がします。エリザベス女王が毎年訪れる競馬って、凄いですよね。生涯の間に、1回は観戦してみたいですよね(^-^)

  4. もれれ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ぴぃさん 馬の質は急激に進歩しましたが社会システム面がまだ追いついてないんだろうなーと思いました。これだけ日本人は競馬に対して投資(馬券で)できているのでそのお金の一部でも馬に回せたなら、と。いろんな意味で日本は欧米に比べ”豊かさ”では劣っていると痛感しました。

  5. もれれ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    picotさん 基本的には奥さんチョイスのイギリスでしたので、紅茶の香りを嗅がされたり、ブリティッシュの気品とはどういうものか、イギリス王室が何たるかとお勉強させていただくツアーでした(疲れる) イギリス競馬は日本のそれとは違うように映ったので開催している時に行ってみたいです

  6. もれれ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    まささん ロイヤルアスコット憧れますね。6月に休みを取ってわざわざ行くことは難しいのですが、いつかはいってみたいです。その時はぜひ日本の馬が優勝しているのを目で見たいのでノルマンディーには頑張ってもらいたいです。夢のまた夢になるかもしれないですが笑。

コメントを残す

関連記事

ブログ統計情報

  • 137,222 アクセス
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

検索


投票よろしくお願いします🎵

新着ブログ

もれれTwitter