一口馬主ライフ 出資馬検討 検討2016年産 気になるあいつ

ノルマンディー1次募集馬❺ゴルア牡馬のコマチ

2017/09/16

 

今住んでるとこに引っ越してきたときに市役所の戸籍課で事務処理をしてくれた若いお姉さん。とっても可愛くて覚えてたんですが、なんとその人が今仕事で出入りしている施設の事務さんとして働いておられる(多分異動されてきた)んですよ。

なんか運命感じちゃいますよね。

 

が、なんとなんと

今通っている英会話スクールにおねーさんがいるんですよ。

なんですかね。この。多分向こうもデスティニー感じちゃってるんじゃないでしょうかね(多分気づいてない)いや、もれれ好みとはちょっとズレはするもののなんか足りない感じがまた可愛い。

これは

 

 

 

 

恋しちゃうかもしれない。

(よめめさーんごめんなさーい)

 

 

と、ゆうどうでもいい報告。

 

 

 


 

16年産に関する過去の記事はこちら


 

口数と一部の厩舎が公表となりましたね。

http://www.normandyoc.com/news/file/00103886/00103886_01.pdf

詳細はクラブのHPでご覧くださいね。

 

厩舎まで決まった中で気になるのはタニノローゼ、キョウエイハツラツ、ジョウノボレロあたりですかね。

全部出た後に厩舎の分析はしようかと思いますが、やはり厩舎はある程度ノルマンディーで実績があったり、変な使い方をしない厩舎の方がいいかなーと思いますね。

血統も馬体も厩舎もいいなんて馬は年に1頭いるかいないかなので僕個人としては目を瞑るなら厩舎、だと思ってたんで・す・が、

ディライトラッシュのように厩舎が変わることで馬が変わるなんてことを見てしまうと今年は厩舎も大事にしようかな、なんて思うわけです。

 

とゆうわけで、今日の気になるあいつはこれを深掘りしてみようと思います。

 

●ソラコマチの16

父ゴールドアリュール 母ソラコマチ 母父サクラバクシンオー

3月22日生 1512万円(税込)で落札

母系はユビキタスやハッピープログレスが出ている血統。近いところでの活躍馬とゆう活躍馬はいないもののコンスタントに1勝をあげている馬がいるだけに、全くダメかと言われればそうでもないかも?

YouTubeからの抜粋なので画質は置いといて。馬体的にはどうですかね。いい馬体してると思います。値段の1500万はファントムメナスより価格は高く、募集金額も2000万円は超えてくるでしょう。

ゴールドアリュールと言えばスマファル、エスポワールシチーなど数多くのダートの重賞ホースを輩出するダート界のディープインパクト。

重賞レースやダート路線の体系が芝ほど整備されていないものの、下級条件のダートレース数は多く、また地方交流などレベル的にも優しい環境があるので、ダート馬、ゴールドアリュール産駒の価格はとても現実的な部類だと思います。

人気のゴールドアリュール産駒牡馬なのである程度先行期間で売れるでしょうね。高いと思うので満口まではどうかな。

ゴールドアリュールと相性のいいBMS

ゴールドアリュールと相性のいいBMSは、ブランドフォード系やヌレイエフ系、ハンプトン系、トウルビヨン系などどちらかと言うとマイナー血統の馬が上位に目立ちます。

サンプル数が少ないと言う部分はありますがね。

頭数が多い中で比較的上位に来るのがロベルト系。エスポワールシチーは母父ブライアンズタイムズで大活躍。

次いでボールドルーラーリファール系など。

その次に来るのが11位プリンスリーギフト系、ソラコマチがこれに当たります。もっと活躍してそうなキングマンボ系やミスプロ系よりも上に来ているのは押さえて置いた方が良さそうです。

ゴールドアリュール×プリンスリーギフト系の勝ち上がり率は全体で44%(36頭)と優秀。母父サクラバクシンオーに限って言えば36%と率は落ちるものの、アーニングインデックスは1.4と優秀です。

参考までに父サンデー系×サクラバクシンオーの勝率は30%を切って来ますのでゴールドアリュールとサクラバクシンオーの組み合わせはいい組み合わせと判断してもいいかと思いますね。

結構意外。

父ゴールドアリュール×母父サクラバクシンオーな活躍馬

同じ組み合わせ(3/4以上同血)の活躍馬には芝で活躍したトップカミングやメモリアルイヤー、ダート馬ではスターバリオンやワキノネクサスが。

トップカミングなんかは日本ダービーにも出ましたし、芝の重賞で3着以内が何度もあります。案外芝でもいけちゃうのかもしれません。

あとは厩舎が…

あとは厩舎なんですが栗東・渡辺薫彦厩舎になりました。昨年12勝で133位、今年はすでに10勝しており106位とデビュー以降去年から確実にステップアップしてますね。

馬房数が14馬房で1馬房あたりの頭数も平均より多いためため、出走回数が少そうな印象がありますが、調べてみると1頭あたり6回/年とかなり数を使ってくれる厩舎のようです。まさに方針がノルマンディーとピッタリな訳ですね。勝ち上がり率も平均クラスはあります。

まだまだこれからの厩舎であるかもしれませんが、右肩上がりの成績伸長を見せているだけに、その勢いに乗ってみるのも悪くありませんし、数を使ってくれるのでノルマンディーとうまくマッチすれば稼いでくれる馬になってくれそうな気も。

 

 

なんか、ぜんっぜん気になってなかったのに調べると案外面白いな、この馬。

イイね!!の代わりのポチをくれ!!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
ポチってくれると嬉しいんやで

広告



広告



CATEGORIES & TAGS

一口馬主ライフ, 出資馬検討, 検討2016年産, 気になるあいつ,

Author:


  1. まの字 より:

    サワヤカフェスタの出資者としての印象を一つ。
    渡辺厩舎は仕事が丁寧な厩舎のように感じます。
    当初は小柄でビビリで競走馬未満だった馬が、先日は馬群を縫って2着と変わり身を見せました。
    使い出しは1月3週ですが、体重維持の難しい牝馬を8戦させてくれています。
    出走時の仕上げも、毎回しっかり動ける状態でした。

    最近は結果も良くなっていただけに、勝ち上がれなかった事だけが残念です。
    ただ、満足のいく仕事はしてくれたと思っています。
    腕の良い良い厩務員さんが居るのかも知れませんね。

    • hitokuchimorere より:

      詳細な情報をありがとうございます。出資者目線での厩舎判断は預けているからこそ感じられる部分はあると思います!
      貴重な情報をありがとうございます♪

      • まの字 より:

        ノルマンディーの募集馬については、ここで情報を得る事が多いですからね。
        何かの役に立てば嬉しい限りです。

        渡辺厩舎で一つだけ気になった点は、騎手起用です。
        ただ、サワヤカフェスタは単勝万馬券になるような馬なので、上位騎手に頼み難そうではあります。
        もっと良さげな馬なら気にする事は無いのかも知れません。

        • hitokuchimorere より:

          騎手起用に関してはクラブの思惑がかなり見えますね。そこに関しては少なからず不満も出てきてるようで…
          渡辺先生がジョッキー時代にまさに乗り鞍に苦労してたからこそ、そーゆうジョッキーの気持ちもわかってるからこそなのかもしれませんが^_^

          • まの字 より:

            騎手が……とは言いましたが、個人的には然程不満はありませんでした。
            変に上位騎手に拘るより、腕は確かなベテランや見所のある若手が乗るのも良いものです。

            原田騎手はコンビ2戦目、3戦目でイマイチでしたが、ポジションを悪くしたのは周囲の騎手に舐められている事も要因だと思います。
            そこで強引に動いて要らぬダメージを残していたら、先日の2着は無かったかも知れません。
            それに、初コンビの時は文句無しに乗ってくれていますからね。

            4走目の高倉騎手は着順こそ大きいですが、実は初めて馬群でまともにレースをさせてくれました。
            本人は消極的過ぎたと自分を責めていましたが、丁寧に乗った結果ですからね。
            その後は馬群に怯む事も無くなったので、後の結果に好影響を与える騎乗だったと思います。
            個人的には好きな騎手で、丁寧な乗り方は地味ながら常に一定の騎乗数があるのも納得です。

            長くなってしまいましたが、状態の良い馬を使える時にどんどん使い、徐々に結果を上げてくれる渡辺厩舎は良い!と思います。
            騎手起用が有りなら、今の所嫌う必要は無さそうな気がしますね。

コメントを残す

関連記事

ブログ統計情報

  • 222,686 アクセス
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

検索


投票よろしくお願いします🎵

新着ブログ

もれれTwitter