一口馬主ライフ 出資馬検討 検討2016年産 気になるあいつ

ノルマンディー1次募集❽ノルマンのスクリーンヒーロー

 

検討会で個人的にちょっと気になったこの馬。

マンデルーシュの16

 

 

最終的な会場のジャッジは置いといて…

まだ個人的に良く見れてなかったので調べてみようと思います。

 


 

16年産に関する過去の記事はこちら


 

マンデルーシュの16

父スクリーンヒーロー 母マンデルーシュ(母父Alwuhush)

サマーセールにて700万円(税別)にて落札

 

モーリス、ゴールドアクターで種牡馬価値がぐいーんと上昇したスクリーンヒーロー産駒がノルマンディーに登場。現在の種付け料が700万円ですから、この落札価格は現在の種付け料から単純に見たら安いですね。

種付け料が高くなってからはさすがに繁殖の質は上がってるでしょうし、この2016年産はまだモーリス、ゴールドアクターがG1を勝つ前ですからスクリーンヒーロー人気がでる黎明期あたりにつけられた産駒とゆうことになります。多分、今年の当歳からはスクリーンヒーロー産駒の価格はグッともう一段階上がるでしょうからかなりお買い得感はあるかと。

 

スクリーンヒーローの価値は

スクリーンヒーローの種付け料が高騰した理由の一つは少ない産駒の中から2頭のG1馬が出てきたというインパクトじゃないですかね。

しかも繁殖としてつけた牝馬も超良血と言われたらうん?って感じの。紐解いていけばモーリスは祖母がメジロモントレーだったりするんですが、母は未勝利だし。

そうゆうパッとしない繁殖につけてもホームラン級の大物を出せる爆発力と、これまでの繁殖の質を考えた場合にもっと質の良い繁殖につけた場合に、コンスタントに活躍馬をだせるんじゃ?とういう期待も込みでの現在種付け料が700万と高騰しております。

この700万って金額は2017年においては本邦で第3位ですから…。

 

そういう意味では世間的にも期待されている種牡馬ですし、いろんなニーズのあるクラブ会員向けにスクリーンヒーローを準備してくれた(準備してきた)ノルマンディーは流石だなと思います。

今後募集にかかる馬をということでスクリーンヒーロー産駒をセリで持ってこようと思ったらこの値段では無理でしょうから、安くノルマン価格で買うとしたらこれがラストチャンスかな、とも。

ホームラン級の募集馬にだってなる可能性は…あ…る?笑

 

父スクリーンヒーローの産駒成績

モーリス、ゴールドアクターを出したという事実は事実として認めつつ、そこに引っ張られすぎちゃうと冷静さを失ってしまうので、ある程度客観的に数字を見るのは大事かと。

今日時点でのネット競馬のデータを引っ張ってきてます。

アーニングインデックスは1.14を超えていますが、正直、G1馬2頭以外が安定して活躍しているのか?って疑問と勝ち馬率0.319がどのレベルなのかってゆう疑問。

獲得賞金上位馬を見て見るとグアンチャーレやヨヨギマック、ウインオスカー、ミュゼエイリアン、トラストなど重賞クラス、OPクラスの馬がポツポツ見えてきます。

 

種付け料1000万円キングカメハメハAEI:1.84 勝ち上がり率47.4%

種付け料500万円ダイワメジャーAEI1.23 勝ち上がり率46.8%

種付け料150万円シンボリクリスエスAEI1.04 勝ち上がり率38.0%

 

こう見ていると繁殖の質の差って大きいんだなぁ、バックにある牧場って大事なんだなぁと思いますね。

勝ち上がり率の31.9%の数字は社台系のトップ種牡馬に比べると劣りますし、同じロベルト系・旧社代系のシンボリクリスエスとの比較でも劣ります。

これは本当に繁殖の差なのか何なのか。

ちなみに我らのゴッホは勝ち上がりAEI0.56の勝ち上がり27%、アイルハヴアナザーはAEI0.30の勝ち上がり率32%。

正直、この種牡馬と比較したら期待感込みではイイと言えるかもしれませんが、今の700万の評価は果たして正当か?と言われればうーんって感じ。

ただし、勝率は全体で見ると芝・ダート共に良く、特にダートは1割くらいあるので、どっちに転んでも大丈夫でしょうね。ダートで走っているウインオスカーの血統を見て見ても

なんかこの和な感じがまた笑。トラストも全弟として重賞を勝ちましたし、スクリーンヒーローってこんなマイナー血統でも走らせる種牡馬。むしろ、こーゆうB専って言ったら語弊がありますが、救われない血統の繁殖を輝かせる本当に素晴らしい種牡馬だと思いますね。

 

マンデルーシュの16の配合面

この馬の祖母からはMandellicht を経てManduroManduro(イスパーン賞やジャックルマロワ賞など制した名馬)やマンデラ(ドイツオークス3着、ワールドエース(皐月賞2着など)の母)を出しており、割と由緒正しいお家柄。

そんなこともあってマンデルーシュは日本に輸入され社台ファームにて繁殖を行ってきた訳ではあります。兄弟は社台系のトップホースがつけられるもファルブラブ牡馬が1勝、キンシャサ牡馬が1勝するだけで、そのほかのサンデー系種牡馬との間に生まれた牝馬は壊滅。

その後売りに出されタバタファームにて繁殖牝馬となり、この馬が生まれたという訳でありますな。

 

BMS相性はと言うと…

母父アルワウーシュはヌレイエフ系の芝でアメリカやイタリアの重賞を勝った馬。中距離あたりを得意とした競走馬でした。JCにも来日し5着になったことも。ヌレイエフ系との配合からはプロトコル1頭だけしかサンプルはありませんが、プロトコル自体は現在オープンクラスに走っており活躍。

ヌレイエフの血統構成自体がサドラーズウェルズと近似と言うことからすると、モーリスもサドラー系。もしかしたら欧州のサドラー系の血と相性がいいのかもしれません。Special(サドラーズウェルズの母、ヌレイエフの祖母)のクロスを持つエルコンドルパサーとの組み合わせからはミュゼエイリアン(15年毎日杯勝ち馬)が出てます。

また、活躍上位馬のほとんどが母方にノーザンダンサーの血を引いている馬が多く、ノーザンダンサーの5×5×5以上が成立していたので、その辺もねうまく働いてくれればね、面白いかと。

冷静に考えて兄弟の成績が評価しづらいものの、そこにあえてのスクリーンヒーローと考えたら大化けは十分可能性としてはあります。

ただね馬体が見れないもれれでもちょっと気になるのがこのつなぎ。そして右前足。

この辺は動画が出た時に確認して見たいポイントです。

 

募集金額1400万で、僕個人としては優先順位はそこまで高くありませんが、単純にノルマン専でスクリーンヒーローとゆう目新しさ、そして市場価格と比較しての安さを考えたら割と売れそうな気がしますね。

 

検討会で気になってじっくりと見て見ましたが、やはり最終的には動画で確認したいなと思ってます。

 

 

だらだら書いてたらすげー長くなったやつう。

 

 

 

イイね!!の代わりのポチをくれ!!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
ポチってくれると嬉しいんやで

広告



広告



CATEGORIES & TAGS

一口馬主ライフ, 出資馬検討, 検討2016年産, 気になるあいつ,

Author:


  1. 野原 より:

    こんにちはー。
    あのー、Twitterはどうなされたんでしょうか?

コメントを残す

関連記事

ブログ統計情報

  • 244,561 アクセス
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

検索


投票よろしくお願いします🎵

新着ブログ

もれれTwitter