一口馬主ライフ

2頭のヴィクトワールピサ産駒

 

 

『ヴィクトワールピサは種牡馬として成功しているの?』

何を持って成功したと判断するかは難しい所ですが…。

 

ヴィクトワールピサの代表産駒と言われればまず出てくるのが「ジュエラー」ですよね。

デビューイヤーにジュエラー、パールコード、ジョルジュサンクを出し、2世代目からはコウソクストレート、アウトライヤーズを輩出。

G1馬も出し活躍馬を出しているとは言えるものの

AEIは2歳馬を含む3世代で通算0.66はちょっと物足りないかな?

 

今年の2歳で3世代目になりますのでそろそろ産駒の傾向や成功配合が見えてきそうなところ。

 

追加募集候補にヘンメイレンの16エーシンヘラの16と2頭のヴィクトワールピサ産駒がセリで落札されています。

今回は馬個々と言うよりはヴィクトワールピサと言う種牡馬について調べてみました。

 

●AEI・CPI

種牡馬の活躍度を測るには一般的にAEIやEIと行った指標が用いられます。これは産駒1頭あたりの獲得賞金のグロスを表すもので、平均が1.0。この数字より大きければ平均以上の水準にある、逆に下回っていると平均以下と言うことになります。

具体的な例として下記3頭を例として調べてみました。

ディープインパクト:3.10

アイルハヴアナザー:0.34

ノボジャック:0.93

単純な比較で3種牡馬のアーニングインデックスを引っ張ってきました。リーディングサイアーのディープは3を超える超高水準。逆にノルマンゆかりの種牡馬はこんな感じ。少ない頭数からブラゾンドゥリスを輩出したノボジャックは偉大ですね笑。

ただ、これは単純に産駒の獲得賞金の水準、単純な種牡馬としての能力に加え、配合された牝馬の質によってもこの数字は左右されます。なので、種牡馬の質そのものを比較しようとすればAEIを繁殖相手の質の指標であるCPIで割った値(AEI/CPI)で比較すると良いとされています。

 

・繁殖相手の質:CPI

ディープインパクト:2.04

アイルハヴアナザー:1.26

ノボジャック:0.49

繁殖牝馬の質はディープはダントツで高く、またアイルハヴアナザーも平均以上の繁殖に付けられていると言うことがわかります。ノボジャックは平均以下のようですね。

 

ではAEI/CPIはと言うと、

・AEI/CPI

ディープインパクト:1.52

アイルハヴアナザー:0.27

ノボジャック:1.90

 

なんと、ノボジャックはディープ以上に種牡馬として成功していると言う結果に笑。ディープはそれくらい繁殖に恵まれていると言う事ですね。ブラゾンドゥリスをはじめラブバレットやキャプテンシップなどの強豪を輩出できており、非常にポテンシャルの高い種馬だと思います。

 

はい、とゆうわけでヴィクトワールピサのAEI/CPを見てみましょう。

 

AEI:0.66

CPI:2.19

AEI/CPI=0.30

 

社台牝馬の絶大なるバックアップの結果CPIの値はディープの平均と同等、つまり繁殖の質は非常に高いという結果に。にもかかわらずAEIがそれほど高くないためにヴィクトワールピサの真の種牡馬としての能力はそこまで高くなさそうだなーと言う推測になります。

いきなり残念な結果に笑。

 

 

●BMS相性

では、どんな肌馬、血統の馬と相性がいいのでしょうか。

ヴィクトワールピサは母ホワイトウォーターアフェアで、半兄にアサクサデンエン(父シングスピール)を持つ馬。またローカル重賞なんかで活躍したスィフトカレント(父サンデーサイレンス)も兄になります。

ネオユニヴァースは個人的にパワータイプ〜ダートでこそのサンデー種牡馬だと思っていて、重馬場や洋芝もこなせるサンデー種牡馬です。その産駒のヴィクトワールピサにもその特徴は伝わり、ドバイWCを勝ったり、力のいる中山G1を2勝したりとネオユニ産駒の特徴をしっかり伝えています。

ちなみに今は割と一般的になってしまったのでオッズが下がってしまうようになりましたが、一時期までダート替わり、初ダートのネオユニ産駒はベタ買いでも単勝・複勝とも回収率は100%を超える美味しい条件でした。

ネオユニヴァースのBMS相性は産駒数の多い系統で言うと、ボールドルーラー系、ノーザンダンサー系、ノーザンテースト系、ヴァイスリージェント系、ミズプロ、キングマンボ、リファール、ダンチヒなど主にノーザンダンサー系とボールドルーラー、ミスプロといった米国ダート系との相性がいい種馬でした。

一方で相性が悪かったのはレッドゴッドやニジンスキー、ロベルト系といった系統の繁殖とは相性が悪かったようです。

 

では、ヴィクトワールピサは?と言うと・・・

頭数の少ないところではダンテ系、ヌレイエフ系、ニジンスキー系、頭数の多い部分ではグレイゾウリン系、サドラー、ヴァイスリージェントなどがAEI1.0を超えてきます。

一方、ヴィクトワールピサ自身がネオユニ×ミスプロ系の配合であるためか、ミスプロ、キングマンボとの相性はよくありません。またボールドルーラーとも相性が悪くなっています。あ、ロベルト系とはピサも相性悪いようです笑。

とゆうわけで、ネオユニ系同様、ノーザンダンサー系との相性はよく、ロベルト系とは相性が悪い一方でネオユニと相性のよかったミスプロ系、ボールドルーラー系とは相性が悪いというのあヴィクトワールピサの特徴になります。

 

●ヴィクトワールピサの成功配合とは?

ひとつブログを引用させていただきます。

ヴィクトワールピサ産駒と“ナスフリート”」-血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog-

望田氏のヴィクトワールピサの配合についてまとめられたブログです。

 

これまでのヴィクトワールピサ産駒の活躍馬の多くが”ナスフリート”強調血統を持っているというもの。

※ナスフリートとはNasrullahとCount Fleetの組み合わせ

 

ヴィクトワールピサ産駒はネオユニ由来のパワータイプに出てしまうため、芝の瞬発力を補充するにはヴィクトワールピサの母系にいるミスプロの柔らかさを強調させるのが良いということです。

ミスプロの母Gold Diggerがナスフリートを持っており、この血をクロスしてあげることで柔軟性を補充するというもの。

 

で、ナスフリートを持つ血として紹介されているのが、ミスプロ、Riverman、Mill Reef、Fleet Nasrullah

ただ、前述したようにミスプロ系のBMSとは今のところ相性がよくないため、単純にミスプロ系とあわせても中々結果が出そうにないため、母系の奥にいるミスプロと軽いクロスをかけるか、それ以外のナスフリート強調の配合になっている馬がええんじゃないかな、と思うわけです。

 

ふと、キングカメハメハの血統を見ているとミスプロもMill Reefも持っているわけですよ。ミスプロ系、キングマンボ系とは相性が悪いものの母父キンカメとはどうなんかなって思ったわけです。(より細かくみてみると)

 

●ヴィクトワールピサ x キングカメハメハ 5頭

AEI:0.25

勝ち上がり率:40%

AEIこそ微妙ですが、勝ち上がり率40%は5頭いて2頭が勝ちあがっている計算。まずまず悪くないです。

が、やはりミスプロのクロスを経由しないナスフリートのクロスを持つほうが良さそうかな。

 

 

と、ゆうわけで最後にセリで買ってきた馬2頭の配合を見てみましょう。

・メイヘイレンの16

 

・エーシンヘラの16

 

どちらもパッと見、該当のナスフリート血統は見当たらないんですが…

エーシンヘラの母系の中のSanglamore(母母母父)の血統を見るとRivermanの血が。かーなり薄いですがないよりはマシ、と笑。

そんな感じでエーシンヘラの16にナスフリート配合を見つけることができましたよー。

 

 

●配合的には全く違う両者

ヘンメイレンの16はストームキャット系に母系はアメリカのダートの名血が多数。パワータイプかもしれませんが、ストームキャットがうまい具合にスピードを前面に伝えてくれれば面白い配合。

母父タバスコキャットからはリゾネーターやアスカノロマンが出るなどしてるので、この馬が牝馬なだけにその辺だけが心配。

 

エーシンヘラの16はモンジューにダンシリ〜デインヒルで欧州のノーザンダンサー系を重ねてある血統。現役のジュリエットベールが3/4同配合になります。残りの1/4が結構違うんですがね。

洋芝やら長い距離のローカル条件で走ってそうなきがするなぁ。

 

と、配合的には傾向の違う両者ですが、どちらもノーザンダンサー系でトレンドを踏襲した形。

実際に募集されればそれなりに話題に上がりそうな2頭。

配合的な部分ではどちらも及第点はありそうなので、あとは実馬の出来上がりか。

 

そんな感じでヴィクトワールピサを見て見ました。

個人的には2011年のドバイの感動的な走りが忘れられず、本当に成功してほしい種牡馬の1頭。真の成功配合が見つかるといいなぁと思ってる。

 

イイね!!の代わりのポチをくれ!!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
ポチってくれると嬉しいんやで

広告



広告



CATEGORIES & TAGS

一口馬主ライフ,

Author:


  1. ぴぃさん より:

    む、難しいです。。。
    血統は奥が深くて面白いのですが、
    勉強嫌いなわたしはちょっと。。。笑

  2. あああ より:

    ノボジャックつよい
    あんまり話題と関係ありませんが現役時代の成績などからあんまり期待されていない種馬が好成績残すのいいですよね…
    最近だとジョーカプチーノとか
    そういうのを見つけて募集するのを一番ノルマンに期待してますわ

    • もれれ より:

      ノボジャックって種牡馬としての成績は非常に優秀。ジョーカプチーノもそうですし、やはりポテンシャルのある馬こそ種牡馬になって成功するわけですねw
      カフェラピードはどうなりますかな?

コメントを残す

関連記事

ブログ統計情報

  • 224,755 アクセス
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

検索


投票よろしくお願いします🎵

新着ブログ

もれれTwitter