出資馬検討 検討2015年産 気になるあいつ

気になるあいつ タニノジャドールの15(4次募集候補)

2017/06/07

 

どうも。携帯を落としてしまい画面がバッキバキのもれれです。

帰ってきた「気になるあいつシリーズ」でございます。4次募集馬について買う目線でどんなとこがポイントかなーと考えてみようかなと思います。

 

厩舎もまだですのでその辺も含めて総合的な判断になるかと思いますが…。

とゆうわけで、菊花賞馬の弟 タニノジャドールの15を今日はピック。

 

※セレクトセール2016上場時

◆タニノジャドールの15

2015年6月3日生まれ 岡田スタッド生産 牡馬 鹿毛

父エイシンフラッシュ 母タニノジャドール(母父サンデーサイレンス)

1歳時にセレクトセール2016に上場され1800万の値が付きましたが主取。その後もおそらく庭先で買い手を探していたようですがノルマンディーの4次募集に回ってきました。兄に2010年の菊花賞馬ビッグウィーク(エイシンフラッシュ、ヴィクトワールピサ世代)がいる馬になります。

ビッグウィークの父はバゴでありバゴ産駒の2世代目の馬。ビッグウィーク誕生時、母9歳とフレッシュだったのと比べ、今回募集される本馬は17歳時とかなり高齢に。クラブに来る馬は母高齢馬が多いなぁ…。

そんな偉大な兄をもつタニノジャドールの15ですが、障害を含め中央で3勝を挙げたタイセイジーニアス(父タニノギムレット)や父グラスワンダーのムテキザセカンドなど中央でも何勝か挙げた馬がいます。

母系を遡ると重賞勝ち馬のタニノブーケの名前が。タニノブーケからはタニノボレロやタニノクリエイターの2頭の重賞馬が出ており、母系の質は高いものがあります。

 

BMSとしてはサンデーサイレンスをもつのでこれまで付けられてきた種馬は非サンデー系になってしまうのですが、今回は今までの種牡馬と少し毛色の違うエイシンフラッシュの産駒になります。これまではロベルト系(タニノギムレットやグラスワンダー)、ヘイロー系(タイキシャトル)と言ったサンデーと同型ヘイルトゥリーズン系や鈍足のイメージの強いコンデュイットやバゴなどが付けられてきました。

エイシンフラッシュはキンカメやエルコンドルパサーに代表されるキングマンボ系の種牡馬。キングマンボ系は今の日本で非サンデーといえばミスプロ、その中でもキングマンボと言えるくらいメジャーな血統。もちろんここまで勢力を伸ばせたのは他でもない、サンデー系との相性の良さがあるからだと思います。

エイシンフラッシュの父キングズベストは欧州で英ダービー・凱旋門賞を勝つワークフォースを輩出。エイシンフラッシュの活躍や同じキングマンボ系の日本での流行もあって今日本で繋養されています。が、昨年、日本導入後の最初の世代が走り始めましたが、ていまいちパッとせず。同じくワークフォース産駒も燦々たる結果で結果、愛国へ輸出され戻って行きました。ワークフォースの輸出の背景にはエイシンフラッシュのスタッドインの影響もあると思いますけどね。

そんなエイシンフラッシュのファーストクロップは今年デビュー。社台のバックアップ体制である程度の質(ミルコメダなんか結構良さそう)は確保されてますし、キングズベストやワークフォースはダメでも日本でダービーや秋の天皇賞を勝つなど日本で活躍したバックグラウンドがあるだけに、成功する確率は低くはなさそう。個人的にはエイシンフラッシュ自体をそこまで評価してなかったのと、やはりオルフェ狂なので同じ新種牡馬ならオルフェを応援したくなりますが、何がおこるかわからないのも血統のスポーツ。産駒が走るのが楽しみではあります。

 

 

 

調教ツアーでの写真をうま太郎さん(@umaumamaaya)より頂きましたので引用させて頂きます。

馬体面的なところではセレクトセール時と比較してもガッチリとしてきていて時間も立っているので成長のあとはもちろん見られますし、芝の中長距離を狙えそうな血統背景なだけに、馬体もシュッとしてます。

エイシンフラッシュ参加はよく見たのはミルコメダ。あれはダートっぽいところもあったけどこの馬は芝でしょね。

 

 

調教の動きを見て見たいとこでございますなぁ。

さてさて、いくらで募集されるのか。想像はつきません。

 

イイね!!の代わりのポチをくれ!!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
ポチってくれると嬉しいんやで

広告



広告



CATEGORIES & TAGS

出資馬検討, 検討2015年産, 気になるあいつ,

Author:


  1. ぴぃさん より:

    15年産のプラチナムバレット枠になれますかねー!?
    予想価格2400みゃんいぇんで。笑

  2. アキュチャー より:

    エイシンフラッシュいいですよね〜。馬券相性も抜群でしたし(笑)

    でも4次募集から2頭行く予定ですからねー。行かない予定でーす。

    お値段は…ぴぃさんと同じ2400万円の線が高いかと…。

  3. あああ より:

    この血統背景で4次に回ってきたのがなにより気がかりですw

  4. アキュチャー より:

    お帰りなさい〜
    お待ちしてましたよー!

  5. まささん より:

    タニノジャドールの15、気になっております。
    ビッグウィークの父バゴはブラッシンググルーム系で、本馬の父エイシンフラッシュはミスプロ系なので、系統は違うんですが、血の配合は似ている部分があります。両馬ともに、ミスプロの血・ヌレイエフ⇒ノーザンダンサーの血・レッドゴッド⇒ナスルーラの血を持っております。違う点と言えば、エイシンフラッシュにはヘイローの血がないので、ヘイローのクロスが発生しない点だと思います。ビッグウィークの配合を意識して選択した父だと思っています。
    キングズベストの系統は、日本では上手くいっていませんが、ほんとに素晴らしい血統のお馬さんなんですよね。エイシンフラッシュは、キングズベストの産駒のなかでは異端児だと思っていますので、何とか日本で成功して欲しいと思っています。キングズベストの産駒でありながら、東京コースの中距離芝で、スローの極端な上がり勝負に強かったお馬さんですので、種牡馬として、日本で成功する可能性は十分にあると思っています。
    出資金額(出来れば2000万円程度で)・預託厩舎次第では、出資検討したいと思っています(^-^)

コメントを残す

関連記事

ブログ統計情報

  • 137,437 アクセス
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

検索


投票よろしくお願いします🎵

新着ブログ

もれれTwitter