一口馬主ライフ 出資馬検討 検討2015年産

ブラックタイド産駒とディープインパクト産駒の違い

2017/05/10

こんちゃーっす、もれれですうー。

中々GWボケが治らず、ズルズルと火曜日が終わってしまいました。もう水曜日…。

 

昨日はTwitter界隈が朝から馬主の一口クラブへの進出の是非についてという何やら香ばしい話題で盛り上がってましたねー。

いろんな感情はあると思いますけど、

そんな時こそ金持ちがーとかクラブがーとか空気の読めない馬主がーと言う主語を「自分が」「自分は」に変えるだけで物の見方って変わりますよねー。

 

「自分が所属するクラブは実績制のクラブとゆうことを理解できていない、そこ理解をする」

「自分が好きな馬に出資できるように多くの実績を作る」

「自分が好きな馬に実績が関係のない公平な抽選が受けられるクラブをメインクラブにする」

「自分が今いるクラブの経営が変わって今までの居心地のいいクラブではなくなったことを理解する」

 

人や環境、社会のシステムを変えるのは難しいです。めちゃくちゃ労力がかかります。

自分の力ではなかなか変わらないこともあります。一番簡単なのは自分が変わること、自分の考えではなく”考え方”を変えることだと思います。

 

 

部外者のくせにーウゼー そう、私は部外者です。

「私は」実績制のクラブで実績を積めるほどのお金がないと理解しているので身の丈にあったクラブで細々と一口馬主を続けたいと思っています。

 

 

 

…さて!笑

 

今日はキタサンブラックで一躍注目を浴びる種牡馬ブラックタイドの産駒にどんな特徴があるのか、気になったので調べてみました。

毎年1頭はブラックタイド産駒が募集されてますし、昨年も岡田スタッドで2頭のブラックタイド産駒が生産されてます。

地味に岡スタにハマっているブラックタイドなのです。

 

ブラックタイド

現役時代の印象はブラックタイドって聞いて僕の印象ではアドマイヤベガの世代で青葉賞を買ったのがブラックタイドだと思ってました。そう、ペインテドブラックのこととごっちゃになってたのです笑。

 

ブラックタイドと言えば血統的には父サンデーサイレンス、母ウインドハーヘアでディープインパクトと全く同じ血統構成です。

ダイワメジャー、キングカメハメハ世代に活躍した馬です。

スプリングSではダイワメジャーにも勝ち、弟の活躍がきっかけで種牡馬入りしました。

 

ディープの代替種牡馬?

ブラックタイドの位置付けはまさしくコピーディープインパクトの位置付けですよね。

代替として産駒の特徴の違いはあるのでしょうか??

●馬体

現役時代、ディープインパクトは440キロ前後で走っていたのに対し、ブラックタイドは500キロ前後馬体的にはブラックタイドの方が恵まれた馬格をしていました。

産駒はと言うと、

ディープインパクト産駒451Kg / ブラックタイド産駒455kg

共にデビュー時の平均馬体中です。これを見ると産駒の馬格にはばらつきは少ないようですね。ブラックタイド産駒の方が馬格が大きく出るイメージがあったのですが、そうでもなさそうだと言うことがわかりました。

★ディープインパクト体重別成績

★ブラックタイド体重別成績

ご覧いただくように、ブラックタイド、ディープインパクト共に馬格が大きくなるほど勝率が上がります。よくディープは馬格がある方が走ると言われますが、その通り、データが出てます。

ブラックタイドもキタサンブラックが引っ張る形になりますが520キロオーバーの勝率は優秀です。

傾向は一緒のようですね。

 

●仕上がり

ブラックタイドもディープもデビューは2歳の12月でした。

ディープインパクト産駒2歳11月 / ブラックタイド産駒2歳10月

こちらもほぼ変わらないと言うことがわかりました。ディープ産駒は2歳時の時はまだ体(骨)が固まらず3歳の春頃から頭角を現してくる印象が強いのですが、ブラックタイドもそんな感じでしょうかね。

キタサンブラックも年明けの1月デビューからクラシックに乗ったのでこの兄弟の特徴としてはデビューは遅めなのかもしれません。

 

●適性

適性はディープとブラックタイド、大きく違いそうなイメージ。そもそもブラックタイド産駒は大きく出るのでパワーのいるダートでも走るイメージがあったんですが、先ほど自分で馬格に差がないと証明してしまいました。果たして?笑

ディープインパクト産駒 84%が芝レースで出走

ブラックタイド産駒 57%が芝レースで出走

んん?やはりブラックタイドの方がダートの出走割合が高いようです。勝利数の多いコースをディープ、ブラックタイドで比較してみましょう。

★ディープインパクト 勝利数上位コース

★ブラックタイド 勝利上位コース

まず圧倒的に勝利数が違うのはしょうがいないとして、驚くことにディープインパクトは上位コースは全て芝コースでした。率も全てのコースで10%以上になっているのも驚き。すごすぎる。

逆にブラックタイドは勝利数1位2位がダートコース。勝率的にも京都ダ1800mでは11.4%と優秀な数字。

やはり、ブラックタイドはダートでも走ると言えそうですね。

 

●BMS相性

血統面は全く一緒です。ディープの成功配合パターンがそのままブラックタイドでも成功パターンとなっているのでしょうか。

ディープインパクトとの相性でAEIが高いのはダンチヒ系、ネヴァーベンド系、ストームキャット系などが上位にきます。

ダンチヒ系ですと、ジェンティルドンナ、サトノダイヤモンド、ミッキーアイル。ネヴァーベンドはディープブリランテ、ストームキャットはリアルスティール、キズナなど。

特にディープ×ダンチヒ系はここ数年の有馬記念のトレンドになっているくらいのニックス配合です。

一方、ブラックタイドは…

プリンスリーギフト系、ロベルト系、ダンチヒ系が上位にきます。

プラインスリーギフトはディープとの相性はそこまでいいわけではありませんが、ブラックタイドとの組み合わせからはキタサンブラックが出ている通り、相性が良さそうです。

ロベルト系との組み合わせはマイネルフロストが出ています。ディープ×ロベルトでディーマジェスティが出ている通り、ディープとの組み合わせも悪くはありません。あとはダンチヒ系との相性はブラックタイドとも良いという結果です。

ブラックタイド産駒自体がディープと比較するとそこまで産駒数が多くないので偏りはありつつ、ロベルト、ダンチヒといった系統と相性が良いあたり、似た特徴がありそう。細かくみていくと結構面白いですよ。

 

まとめ

・ディープインパクト産駒とブラックタイド産駒で馬格の差はなさそうだ

・ディープインパクト産駒と違ってブラックタイド産駒はダートも走れそう。

・血統背景は一緒なのでBMS相性はディープに類似する。細かい部分は異なる。

 

ちなみに、ミラグロレディの15はBMSマイネルラヴとの組み合わせ。ブラックタイドとミスプロ系との組み合わせでは悪くなく、フィールザスマートやタガノエスプレッソなどが当たります。

マイネルラヴと同じ父(Seeking the Gold)をもつDubai Millenniumとディープインパクトの組み合わせからはディサイファが出ています。

成長力がありタフな馬場もこなせるパワーのある組み合わせ。父がブラックタイドになっても、その特徴は変わらないでしょう。

軽めの走りから芝での活躍が期待できます、ぜひ来年のクラシックを賑わす存在になってもらいたいもんですなぁ。

 

 

 

ミラグロアディオス

イイね!!の代わりのポチをくれ!!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
ポチってくれると嬉しいんやで

広告



広告



CATEGORIES & TAGS

一口馬主ライフ, 出資馬検討, 検討2015年産,

Author:


  1. ぴぃさん より:

    わたしも仲間に入れてー♪
    オ、オンファイアのつぶやきでした。笑

    • hitokuchimorere より:

      オンファイアさん
      なかなか、オンファイア産駒を募集してるとこなんでないでしょ笑

  2. こんばんは。

    繁殖牝馬の質を見るとブラックタイドは大健闘と言っていいですよね!ミラグロレディは馬格や左前脚の不安もあるのですが、低重心のフォームがかなり好きで、やべーっていう状態です(笑)

    ブラックタイド産駒では岡田スタッド16年産にフォーハピネスの牡馬がいて、その仔がかなり気になっています。(大のファスリエフファンでして)

    ノルマンディーで募集されないかなーと思っております。

    • hitokuchimorere より:

      ブラックタイドは大健闘ですよね。ミラグロは小さく出ているものの、これからの成長次第では大化けもありえそう!
      ファスリエフ×ブラックタイドですか!スピードありそうな配合^^
      そろそろ来年度の募集も気になり始める頃ですよねw

コメントを残す

関連記事

ブログ統計情報

  • 109,420 アクセス
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

検索


投票よろしくお願いします🎵

新着ブログ

もれれTwitter