2017年目標 出資馬検討 検討2016年産 気になるあいつ

ノルマンディー1次募集馬❹テネシーワルツ

2017/09/14

 

どんな馬にもその背景には馬で生活をしている人がいて、自分らの生活をかけて馬を作っている人の存在がある。

自分らは客ではあるものの、そのリスペクトは忘れちゃダメだなと思う。

 

ノルマンディー2016年産がやってきた

ノルマンディー1次募集馬❶

ノルマンディー1次募集馬❷

ノルマンディー1次募集馬❸

 

 

今年はセリ馬もちゃんとみなきゃなーとは思う。

基本、高い馬いっとけばまぁ問題ないかと。ただ、今年の高い馬って何となーく好みじゃないので、安いとこから見ていってます。

 

●テネシーワルツの16

父アドマイヤムーン 母テネシーワルツ(母父ハイシャパラル)

牝馬 2月20日生まれ

タイヘイ牧場生産 セレクトセール’17にて540万円(税込)にて落札

540万円はセレクトセール’17での最安取引値タイ

母父ハイシャパラルっつーことでなんともタフそうな笑。テネシーワルツ自体は中央未勝利のまま繁殖入り。この馬が2番仔になります。一つ上はエンパイアメーカー産駒のケンタッキーワルツ(2歳馬、未デビュー)
アドマイヤムーンとサドラー系の相性については母父カーネギーのムーンフォースでも取り上げた通り、悪くないんです。レオアクティヴも出てますし。
アドマイヤムーン産駒って結構面白くて、スピード系のボールドルーラーやダンチヒ、プリンスリーギフト系とつけられるとスプリンターとしての活躍が多く、どっちかと言うとタフな血統と配合されるとある程度距離いける馬が出てくると言うある意味、母系の色をそのまま表に出せる馬かと言えます。
ただ、まぁ母系としてはなかなか中央で大きく活躍した馬も出てないようで、同じ500万ならキンシャサノキセキ産駒の方が面白いかなぁ。
どっちにしても現時点では字面だけでの判断になるので、妄想だけが膨らみますね。

過去の記事を抜粋。

今改めて見てみてもこの馬のポイントは、兄弟の成績ではありません。ノルマンディーって上が活躍してるから下も、なんてゆういわゆる良血馬的な思考が通じるのは値段のする馬だけ。

そんな簡単なクラブちゃいまっせ。

 

前に書いた通り、アドマイヤムーン産駒の特徴は母系の特徴を素直に引き出すことができる点。

これはまさにエンドスウィープの特徴でサイスヴィグラスからラインクラフトといった芝ダートの活躍馬、そしてスイープトウショウやアドマイヤムーンのような中距離〜クラシックまで活躍する幅広い馬を出した部分を受け継いでいます。

で、この馬の母系でキーとなるのが母父ハイシャパラル。

High Chaparral という馬

ハイシャパラルは2000年前半の欧州競馬のクラッシックディスタンスで大活躍したチャンピオンホース。英愛ダービー、BCターフ連覇など米国の小回りの芝コースでも勝利。一方で凱旋門は連続3着など、サドラー系の中でも比較的軽い馬場の方を得意とした種牡馬。

日本での産駒についてはマル外や持ち込みになり、サドラーの直系ということもありますが、母系もそれなりに重めの血統が多いので活躍馬は出ずでした。

が、母父に入ると、12頭が日本で走り6頭が勝ち上がり。勝ち上がり5割は優秀。

 

同じサドラー系での母父の勝ち上がり率を見ると

サドラーズウェルズ:34.9%

オペラハウス:22.6%(日本で種牡馬)

カーネギー:33.6%(日本で種牡馬)

モンジュー:42.5%

ガリレオ:48.4%

と、やはりサドラーは母系に入ってこそ。その中でもガリレオらを凌ぐ数字。イイね。

これらの数字の要因は何と言っても父系にサンデー系を迎え入れられるというそこに依存している部分は大きいとは思います。

なのでハイシャパラルについては勝ち上がりの馬は全てサンデー系種牡馬ってゆうところは如実にそれを反映する結果に。

 

アドマイヤムーン×母父サドラー

じゃあやっぱりアドマイヤムーン×ハイシャパラルってどうなのって疑問が湧いてくるわけです。

母父ハイシャパラルで非サンデー系って今まで2頭しかいなかった。

その2頭の共通点はどちらもサンデーサイレンスの血を持っていなかったこと。1頭は父シーキングザダイヤ&メイショウボーラー。2頭ともトルークマクトの兄弟です。

アドマイヤムーンはサンデーの血を持っていますね、さてどう出るのか。

 

テネシーワルツの16ですがハワイアンスマイルの16同様に最安値でタイヘイ牧場から落札する結果になりました。

すでに話がついていたんじゃ?と思う節も無きにしも非ずです。

こればっかりはわかりませんね。

馬体としては非常にバランスがよく、真冬の夜間放牧でボーボーになるポテンシャルは非常に高そうに思います。

個人的にセレクトセール出身の馬がこんなに安く、また血統面でも面白みがあるのであれば、0点なんてことはないと思いますし、実際に兄弟は未出走ってだけでまだ走ってないのでわからないだけですね。

ノルマンディーの全般的な出生時の馬齢が気になる方にとっては母が6歳時の子供とすれば非常にフレッシュな状態の子になります。

 

ぜひ実馬を見たい1頭、って感じがするんですが

いかがでしょうか。

 

 

イイね!!の代わりのポチをくれ!!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
ポチってくれると嬉しいんやで

広告



広告



CATEGORIES & TAGS

2017年目標, 出資馬検討, 検討2016年産, 気になるあいつ,

Author:

ブログ統計情報

  • 222,686 アクセス
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

検索


投票よろしくお願いします🎵

新着ブログ

もれれTwitter