検討2016年産

ノルマンディー1次募集❾〜カタログ〜

 

馬体を吟味してもいまいちわからないもれれさん。

文字を見るのだよ、文字を。

文字なら読めるぞ。

 

牡馬編

 

ヴンダーゾンネの16

芝の短距離で軽快な先行力を披露しているアリンナの半弟です。父がマツリダゴッホからジャスタウェイに変わりましたが、同じサンデーサイレンス系ですので、配合的な不安要素は皆無に等しいでしょう。むしろ馬体のシルエット、雰囲気などがジャスタウェイにそっくりで、姉よりも距離適性が長くかつ幅広く設定できそうな印象を受けます。父にとって、この2016年産が初年度産駒にあたりますが、今夏のセレクトセールやセレクションセールで、産駒が完売するほど既に大きな支持を集めており、馬産地での評価も上々です。

 

イズミコマンダーの16

スラッと脚を長く見せ、キュッと前後が詰まった体型は、スプリンターとして一時代を築いた父キンシャサノキセキを彷彿させるシルエットです。いかにも抜群のスピード能力が武器になりそうな予感がしています。一方、母イズミコマンダーは、ここまで中央でデビューした産駒3頭が、いずれも勝利を獲得するなど、賢母ぶりを披露。しかも3頭とも2歳時にデビューを果たしています。もともとキンシャサノキセキ産駒は仕上がりの早さに定評がありますが、本馬の場合、母系背景からも2歳戦での活躍を意識させています。

 

クラックコードの16

白い鼻筋の通った美顔は父ワークフォースとそっく りであるほか、伸びのある馬体の造りなど、父の影響を強く感じます。一方、母クラックコードは現3歳以上 の産駒5頭中4頭が中央で勝ち上がり、残りの1頭も中 央復帰後に500万下で好走。全て配合種牡馬が異なりながら、質の高い産駒をコンスタントに送り出していることは、繁殖牝馬としての能力が高いなによりの証 拠です。兄姉たちは短距離系の種牡馬だったこともあ り、1400m以下に勝ち星が多いですが、凱旋門賞馬 の父を迎えたことで、距離面に融通性が出そうです。

 

ソラノコマチの16

1歳ながら既に筋骨隆々のメリハリのある馬体で、透き通るような皮膚の薄さも非常に好感が持てます。母ソラコマチが2歳秋に京都芝1200mで新馬勝ちしたほか、1歳上の姉ホシノコも2歳6月にデビューしていますので、本馬も使い出しが早くなりそうな雰囲気です。一方、父ゴールドアリュールはゴールドドリーム、グレイスフルリープ、サンライズノヴァなど、産駒が現在大活躍中。この2016年産が12世代目となりますが、衰えを全く感じさせず、むしろ全盛期突入を思わせるほど。引き続き大物輩出を期待させています。

 

タニノローゼの16

黒々とした見栄えのする毛色、よく発達した胸前と後肢など、父エイシンフラッシュを彷彿させる好馬体が光ります。初年度産駒から続々と勝ち馬が登場しているその父ですが、ダービー馬だけに今後2000m以上のレースが増えてくれば、ますます産駒の存在が目立つはずです。一方、父とは対照的に1200m戦で逃げ切り勝ちを4度も演じた快速馬の母。シャダイカグラが勝った桜花賞で果敢に先行し、3着に粘り抜いた曽祖母タニノターゲットの影響を強く感じます。父からスタミナと瞬発力、母からスピードを期待できそうです。

 

テーマソングの16

胴の詰まった短距離馬体型は父タイキシャトル譲りですが、首差しが太いところや、迫力を感じるほどの前肢や後躯のボリュームは、母の父ジャングルポケットを連想。父と母の父の長所が出ている印象です。短距離で3勝した良血外国産馬の祖母ソロリサイタルは、産駒7頭全てが中央で勝ち上がった稀に見る賢母。特に本馬の母テーマソングは2歳秋の京都でデビューし、のちに重賞で活躍するエーシンモアオバーやナニハトモアレらを相手に、新馬勝ちを飾った素質馬でした。潜在能力の高いファミリーラインにも要注目です。

 

パリージョの16

父は新種牡馬のトーセンラーですが、馬体の造りや毛色など、母の父タイキシャトルの特徴が色濃く出ています。特に鼻筋が通り、クリッした瞳のイケメンぶりや、左後肢のみが白いところは、近親のG1馬ウインクリューガーと全く同じで、母系が強調されている印象です。それもそのはず、祖父ディープインパクトは四代母を起点としたファミリーの代表馬で、本馬にはバーグクレアの4×4のインブリードが施されています。配合の妙味を感じる逸材です。将来は父、母の父と同様に、1600mを中心に活躍してくれるでしょう。

 

フォーミーの16

コンパクトにまとまったスプリンター体型に、良質な筋肉を纏い、特によく発達したトモのボリューム感は、爆発的なスピード能力を予感させます。芦毛の馬体からも分かるように、父スウェプトオーヴァーボードの特徴がとても良く出ている印象を受けます。また、母の父サンデーサイレンス系の父の産駒といえば、G1馬レッドファルクス、サマースプリント王パドトロワなど、活躍馬が多数存在。しかもファミリーラインは、六代母に二冠牝馬のスウヰイスーがいる名門。将来性を感じる血統ポイントが決して少なくありません。

 

マンデルーシュの16

父スクリーンヒーローはモーリス、ゴールドアクターといった大物のほか、芝の中長距離馬からダートの短距離馬まで、幅広く活躍馬を輩出しています。母系の特徴を上手に活かすタイプの種牡馬といえるでしょう。本馬の母系の代表馬であるいとこのマンデュロは、芝1600~2400mで重賞を勝ち、産駒も主にマイルから中距離で活躍中。また近親のワールドエースも似たようなタイプで、おそらく本馬も芝2000m前後が主戦場になるでしょう。伸びのある馬体の造りからも、ある程度距離があった方が実力を発揮できそうです

 

リスティアエーデルの16

ホワイトマズル産駒の活躍馬は、父を彷彿させるガッシリとした雄大な馬体のタイプが多いですが、本馬はその典型のような体つき。伸びのあるシルエットに祖父ダンシングブレーヴの面影も感じられます。父ホワイトマズル×母の父サンデーサイレンス系には、アサクサキングス、シャドウゲイト、ニホンピロアワーズなど活躍馬が非常に多く、配合面もセールスポイントの1つです。一方、母系も母リスティアエーデルなど、重賞好走馬が多数出ており、ファミリーの傾向から芝のマイル、中距離路線で活躍が期待できるでしょう。

 

 

現時点でしっかりと文字に起こすレベルの馬体的な特徴を有しているのかどうかを見極めることは非常に重要だと思う。

結局、そういった馬体や身体的な特徴がないはコメントを書こうにも書き出すことはできないし、褒めようにも褒められない、血統やブラックタイプに逃げがちである、という某なちさん理論。

これは本当にそうだと思っていて、特に動きなんかが小さい頃から目に止まる馬は”素質”が他の馬と違う可能性が高いと思います。

 

成長過程で馬の”変わり身”は正直予想するありません。現時点で持っている絶対値的なものをどう測るか、それが一口の難しいところではあります。

カタログをじっと眺めてもいい馬体なんてわからないのなら、クラブが親切に解説しているカタログのコメントをじっくりと見てみましょう。

何かに気づくはずです。

 

 

とゆうことで、これだけで検討候補から脱落しちゃうんだから面白い。

 

 

イイね!!の代わりのポチをくれ!!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
ポチってくれると嬉しいんやで

広告



広告



CATEGORIES & TAGS

検討2016年産,

Author:


  1. アキュチャー より:

    やっぱりパリージョは地雷なんですかねー?鉄板と踏んでいたのですが…

コメントを残す

関連記事

ブログ統計情報

  • 190,199 アクセス
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

検索


投票よろしくお願いします🎵

新着ブログ

もれれTwitter