一口馬主ライフ

ダート牝馬のキャリアを考察してみる

 

こんちゃーっす。もれれでーす。ゴールデンウィーク終わっちゃいましたねー。

今日からお仕事の人も多いと思います。中々ぱっとスイッチの切り替えが難しいですが。。。

週末の競馬に向けてがんばっていきまっしょーう。

 

ちなみに今日はGW明けての募集馬の残口が更新されると思います。どれくらい売れたんすかね。。。

今週はプラチナムバレットの重賞制覇と盛り上がりを見せたので結構売れたんじゃないかなー?

 

残口を見てみると、ダート向きの牝馬が全体的に売れ残ってる感じです。

 

ちなみにノルマン牝馬の芝・ダート別の成績を調べてみたので載せときます。

ダートと芝で大きく差がないみたい。あんまり気にしなくてもいいとは思いますが…。

 

だた、今の活躍の勢いを見ていると今後準オープン、オープン、重賞と進んでいく馬がまだまだ出てきそうなので

特にブランメジェールにはそういった存在になってもらわないと困るので(笑)

 

ダート牝馬のキャリアについて考えてみた。

 

―ダート牝馬にとって牝馬限定戦の存在は大きい。

 

やはり、ダート路線を歩む牝馬にとって「牝馬限定のダート戦」の存在ってゆうのは大きいと思います。

ダート競馬では馬格・パワーが必要とされるので牡馬が圧倒的に有利な条件になります。

なので、絶対的有利な牡馬がいない牝馬限定戦なら単純に牝馬内での力比べになるので、条件的な不利は関係ありません。

 

現に、芝・ダート問わず牝馬と牡馬の勝ち上がり率を見ると牝馬の方が高いというデータもあるようです。

これは牝馬限定戦で牝馬が勝ち上がる絶対数が確保されていることが全体へ影響してると思われます。

 

ほう、牝馬限定戦があるのなら、ずっと牝馬限定戦の土俵で戦っていればオープンクラスにいけるんじゃね?と思いました。

 

 

―でもダート牝馬には壁が存在した。

そんな牝馬限定戦ですが、ダートの牝馬限定戦が組まれているのはなんと1000万下の条件戦まで。

1600万下条件クラスより上になると芝のレースしか番組が組まれていません。

 

ダートを主戦場にする牝馬にとっては1000万以下までは牝馬限定戦を選んで勝ち上がっても1600万円以下クラスで分厚い壁にぶち当たることになるわけです。辛いね。

 

 

じゃあ地方の交流条件戦に活路を求めるしか…と思ったら1600万下の地方交流もナイ

厳しいきびしすぎる。

 

一口馬主で馬を持つなら条件馬でもコツコツと掲示板にのってくれるのも大事ですが、1000万の条件を突破してしまうと、1600万条件は牡馬相手に戦わねばならず、かなりの苦戦を強いられます。

 

1600万円の牡馬との混合戦を勝利できる馬=牡馬のなかでもOPに上がれる実力がある馬

とゆうことになるため、1600万条件→オープンのステップだけやたら高い。。。

 

さらに、来年から降級制度が廃止されれば、一度1600万にラッキーパンチで上がってしまおうものならそこで競争生活がTHE ENDの可能性だってあります。

そうなれば格上挑戦で手薄な地方交流重賞に格上挑戦するか、思い切って牝馬限定のある地方へ移籍するかの選択肢になってきますね。

 

―マル外のダート牝馬の短距離馬はもっときつい

それでも1000万円以下のクラスで牡馬と一緒だとちょっと足りない馬でも牝馬同士だと掲示板が狙えるレベルの馬であれ

(八百長気味に)掲示板を繰り返せば安定的に賞金を稼ぐことはできます。

 

が、ブランメジェールのようなマル外牝馬の場合、混合戦にしか出れない=牝馬限定の条件戦への出走ができないので常に、混合戦で牡馬と勝負する必要があります。

本当にぶち抜いて交流重賞で勝てるレベルだったら全く問題はないのですが、中途半端に条件戦で頭打ちを迎えてしまうと賞金の高いクラスでのコツコツをやりにくい+ローテも微妙に組みにくい。

 

不遇だなーとつくづく思います。

 

もし、オープンクラスに上がったとして牝馬限定の交流重賞を荒らすぞ―となった場合でも1600~2000mに適正があるのとないのでは、これまた走れる条件が限られてしまいます。

地方交流で組まれている重賞の多くは1600~2000mの重賞ばかりで1400m、1200mの短距離牝馬限定なんて3歳以上には存在しません

 

ブランメジェールやーい…。

だからこそマイル以上を走れるかどうかは大事ですし、芝も走れればまた違う道も。

 

 

●まとめ

ノルマン牝馬は今のところ芝もダートもどちらも数字的には変わらない勝率・連対率・複勝率

ダート牝馬は1000万条件まで牝馬限定戦があるが1600万以上になると中央には牝馬限定戦はない

地方交流に出ようと思うと牡馬のオープンクラスの実力は必要

ただマル外はそもそも限定戦に出れないので下級条件でも苦戦する可能性がある

もれれ的にはダート牝馬はちょっとお腹いっぱい(ブランメジェール、ホマレ、ミラクルパレット)

 

牝馬の買い方はなんとなくわかってきたけど牡馬の買い方がわからんのだよなぁ。

 

スポンサードリンク

CATEGORIES & TAGS

一口馬主ライフ,

Author:


  1. ぴぃさん より:

    おはようございます。
    勉強になりますねぇ。。。

    1000万下条件でコツコツ入着。
    ビスコちゃん作戦がベストなんですね♪笑

    • hitokuchimorere より:

      ビスコちゃん本当に優秀な女の子ですね
      こんな孝行娘に出会いたいものです

  2. アキュチャー より:

    ええ、ブランメジェールで勉強させてもらってますよ(笑)

    ダート牝馬といえど、募集金額的に1000万下勝ち上がってくれれば壁にぶち当たってもいいなと思うわけですが(笑)

    • hitokuchimorere より:

      アキュチャーさん!夢は大きくコリアスプリントですから笑

コメントを残す

関連記事

ブログ統計情報

  • 26,602 アクセス

カテゴリー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

検索